--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013
10.19

「1日で巡るお遍路さんin丸の内」と、MOOLITに行ってきました

Category: 未分類

GWが始まりましたね。

我が家は、夫が30日~5月2日も休みを取っているので、10連休です♪



先日、東京・丸の内へ行ってきました。

いちばんの目的はコレ。もう終わってしまいましたが。


1日で巡るお遍路さんin丸の内


四国八十八ヶ所札所のご本尊が東京に来ていて、一日で巡れちゃうという企画。

たまたま、ニュースで見て知りました。



私、お寺を見てまわるのが好きで、仏像もそんなに詳しくはないけど好きなんです。

お遍路さんも、いつかやってみたいとずっと思ってます。
まず、あの衣装が着てみたい。自分で言うのもナンだけど、きっと似合うと思うんですよ(笑)。


それで、ニュースで見て「これは行かねば」と思ったんです。東京ではあの装束は着ませんが(笑)。


チケットは、ぴあで購入。


2013_0424_141809-IMG_1781.JPG


期間は4月18日~25日まで。一日4回、時間指定でチケットが売り出されていたんですけど、ぐずぐずしていたらどんどん売り切れて行ったので、あわてて買いました。



でも、ご本尊がみんな東京に来ちゃっていたら、今四国でお遍路さんしている人は気の毒じゃない?とか、思ったりもして。


いろいろ調べてみたら、このたび東京に来ているのは、本当のご本尊とは別の、出開帳(お寺以外の場所でご開帳すること)用のご本尊なんですって。そんなのあるのか?

ちゃんと読めば、ぴあのページにも書いてありました(^^;)。


そうだよねえ。本当の(と言うと語弊があるのかな?)ご本尊が88体全部、自分のお寺を空けて来るはずはないよねえ、とは思うものの、

しかも、今回出開帳されたご本尊は、普段は一ヶ所のお寺にまとめて収蔵されているそう。
自分のお寺にいるんじゃないのね・・。



・・・なんだか、ちょっとテンション下がってしまいましたが、行ってみたら結構面白かったです。


中は撮影禁止だったので、残念ながら写真は撮れませんでした。

でも、一応八十八ヶ所巡り終えたということで、最後にこういうのをもらいましたよ。


2013_0428_132813-IMG_1785.JPG


右側にあるのは、お賽銭の代わりに納める「納め札」です。


なかなか面白い経験でしたが、やっぱりいつか、四国に行って本当にお遍路したいなあ、という気持ちが強くなりました。




ところで、会場のあったJPタワーには、日本郵便が手がける商業施設「KITTE」が入っています。

KITTEには毛糸屋さんMOOLITがある! ということで、行ってきました。



小さいお店でしたが、色とりどりの糸や、海外のかわいい編み物道具などがいっぱいあって、もう頭がクラクラしちゃいました(笑)。


買うものを決めて行ったわけではなかったので、もう迷って、どれにしたらいいのやら(笑)。
でも、せっかく来たので、何か買って帰りたいし。

店員さんともおしゃべりしたんですけど、「みなさんそうおっしゃいます」って言ってました。
編むもの(or 買うもの)を決めて来た方がいい、って。


季節的には夏糸が欲しくって、素敵なリネンの糸もあったんですけど、でも着分買うと結構お値段が張るし(^^;)。

と迷いに迷って、結局買ったのがこちらです。


2013_0426_140657-IMG_1784.JPG


「Manos del Urguay」というブランドの、「Lace」という糸。

アルパカ70%、シルク25%、カシミア5%の、手触りホワッホワのレース糸です。
淡いグレー系にピンクの入った段染めで、とっても綺麗♪

秋になったら、ショールか何か編みたいです。



ラッピングもかわいくて、こんな袋に入れてくれました。


2013_0426_140310-IMG_1782.JPG


裏側には、こんなイラストが。


2013_0426_140338-IMG_1783.JPG



時間(とお金)に余裕があれば、もっとゆっくり見たかったです。
でも、編むものを決めて行くのがやっぱりいいかも。じゃないと決められない(笑)。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

見てくださってありがとうございます


スポンサーサイト

トラックバックURL
http://azarashi1971.blog.fc2.com/tb.php/289-e61d2fe3
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。