--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014
10.29

「BlueSand Cardigan」は、裾の引き返し編み中


「カインドもっふぁん」で編んでいる「BlueSand Cardigan」。




袖分けをずずーっと過ぎて、増し目しながら、色を変えながら身頃を編み、今は裾のカーブを作る引き返し編みをしています。

20141029111905463.jpg


この、カーブを描いて後ろが長くなっている裾がかわいいんですよね~。

引き返し編みは、「German Short Row」という方法ですが、チュートリアルもあるし、以前にスカーフ「Luna2」を編んだ時にやったことがあったので、スムーズに理解できました。


そうだ。書き忘れていたのですが、このパターン、ヨーク部分の編み方が2通りあって、選べるようになっています。
「Combination Yoke」バージョンと「Saddled-Raglan Yoke」バージョンがあるうちで、何となく後者を選んでみました(笑)。


最近編んでいたものと比べると、糸も針も太いので、進みが速いような気がしてうれしいです。

ただ、ちょっと重くなりそうだなあ。
丈も長いし、あとまだ襟~前立ても、袖もあるし・・・。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

見てくださってありがとうございます
スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
2014
10.24

靴下「Liab」、片足できてます

Category: 編み物・靴下

たまねぎの皮で染めた毛糸で編んでいる、ケーブル模様モリモリの靴下「Liab」は、片足が編めました。




20141024195534535.jpg


ケーブル模様は、毎段交差があるので、間違えないようにすごく注意して編んでいたつもりだったんですが、やっぱりやらかしてました。

Leg部分の上の方、cuff-downのパターンなのでまだ編み始めの方に、間違っているところが。
上・下・上・下・・・となっていなければいけないのに、上・上になっちゃってるところがありますよね?

20141024195550335.jpg


でも、こんな最初の方、ほどいて編み直す気力はなく・・・もうこれで良いことにします。


つま先の減らし目は、始め、甲の交差が終わって数段編んでから減らし始めましたが、それだとだいぶ大きくなってしまいました。私は足が小さいので(実測21.5cm)、もっと前から減らし始めないとダメだ、とわかり、最後の交差の一段前からつま先の減らし目を始めました。

結果、ちょうど良いサイズにできました。


ケーブル模様の部分はあまり伸びないんですが、私が履くと、足が太いので、結構横に引っ張られた感じになります(^^;)。


編みごたえがあるパターンなので、片方できた時点で、既にかなりの達成感(?)が。

SSS(Second Sock Syndrome)に陥らないように、すぐにもう片方をCOした方がいいのですが、履き口の伸縮性のある作り目をいろいろ試して、結局どれを採用したんだかわからなくなっちゃってたり(^^;)。

動画を検索して思い出さねば。




にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

見てくださってありがとうございます
Comment:0  Trackback:0
2014
10.19

「BlueSand Cardigan」編み始めました


またもや、編みかけを増やしています。

Ravelryから、「BlueSand Cardigan」を編み始めました。




リリースされた時から、かわいいなあ、編みたいなあと思っていました。

夏糸で編んでも良さそうなパターンですが、今回は冬糸で。
コーダさんの「カインドもっふぁん」で編むことにしました。

20141019121338035.jpg


色は、パターンのサンプル写真と似た感じに。


くるくる丸まっちゃってますが、現在このくらいです。
2色目が出てきていて、もう少しで袖分け。

20141019121415898.jpg


もっふぁんは、カインドになってからは初めて購入しました。
太さが並太になりましたが、前のもっふぁんと編み心地は変わらず、編みやすいです。

グレー(326番)とブルー(320番)は、新色のパステルカラーです。
もう1色は、同じパステル系のピンクにしようかとも思ったんですが、甘くなりすぎるかな?と、ブラウンにしました。ブラウンも新色の324番です。


6号針で編んでいます。最近細い針を使うことが多かったので、6号がかなり太く感じます(笑)。

Hitofudeは4号、星空ショールは5号で、まあそんなに変わらないとは言え細めだったし、特に、靴下を編んでいる2.25mmと比べると、6号はすごく太い(笑)。


今がいちばん目数が多いところだけれど、袖分けを過ぎれば目数も減って楽になるはず。



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

見てくださってありがとうございます
Comment:2  Trackback:0
2014
10.15

「Hitofude Cardigan」 完成!


昨日は、YarnaholicさんでMalabrigoの「Lace」を買おう!と思っていたんですけど・・・

ハッと気づいたら20:00をかなり過ぎていて、欲しかった色はもう売り切れてました。
うう残念(T_T)



それはそうと、Shibui Knitsの「Cima」で編んでいた、「Hitofude Cardigan」が完成しました!




少し前に編みあがっていたんですが、ブロッキングするまでにちょっと放置し、着画を撮ってもらうまでにまた放置し、で、アップするのが遅くなりました。


ブロッキングの図。色が飛んじゃってますが。

20141013170455137.jpg


ハンガーにかけた図。
着丈は、なんだか短いような気がしたので、勝手にチャートFを作って8段足しました。

20141013170516426.jpg


が、結果的には足さなくて良かったような気も(^^;)・・・(よくあることです)


着画です。

20141013170535248.jpg


横から。

20141013170559179.jpg


腕回りなんかが、いつもの通り(?)ピチピチ気味なんですけど、まあ許容範囲かな?


やってみたかった、このポーズ。

20141013170616882.jpg


もう一枚~。

20141013170639368.jpg


なんだかんだ言って、気に入ってます。

レース糸で編んだので、結構大変でしたが、薄手で軽いカーディガンができました(^^)。
重さはたったの140g!

色も、秋でも春でも着られそうなオレンジかなあ?と思っています。


2カセとちょっと使ったので、本当に一筆書きとはいきませんでしたが、ショールを編んだ時に学んだ、糸の端と端をつなぐ方法で糸を継いだので、つなぎ目もわからないように仕上げることができました。

今度編むとしたら、コーン巻きの長い糸を使って、一筆書きを堪能してみたいと思います。




~メモ~
パターン: Ravelryより、「Hitofude Cardigan」 by Hiroko Fukatsu
使用糸: Shibui Knits 「Cima」 col. poppy 約140g
使用針: JPN 4号 (ニットプロ・シンフォニーウッド)



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

見てくださってありがとうございます
Comment:2  Trackback:0
2014
10.10

靴下「Liab」編んでいます

Category: 編み物・靴下

夏の間は、靴下を編むのを中断していましたが、すっかり涼しくなったので、靴下編み、再開しました。

Ravelryの靴下KALのお題の一つである「Liab」を編み始めました。



20141010223051923.jpg


糸は、春頃に、自分でたまねぎの皮で染めたものです。
染めるばっかりじゃなくて、ちゃんと編まないと、ですもんね。

「Liab」は、ケーブル模様もりもりです。なかなか手ごわい(^^;)。
毎段交差があるので、チャートから目が離せないし、ホッとする段がなくて大変です。

でも、先に編まれた方々が、大変だけどとっても履きやすいのができる、と言われているので、完成目指してがんばります!


考えてみれば、私、Toe-upの靴下ばっかり編んでいたので、Cuff-downのは初めてです。
サイズとか、ちゃんとぴったりのができるといいんですけど、大丈夫かな??



にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

見てくださってありがとうございます
Comment:2  Trackback:0
2014
10.05

星空ショール「Celestarium」、思案中


台風18号が近づいていますね。
各地で被害など出ないといいのですが・・・。


さて、のんびり編んでいる星空ショール「Celestarium」は、広げることができず、全貌が見えない状態になってます。



20141005162130476.jpg


このへん、はくちょう座があるの、何となくわかりますか??
わかりにくいですね(^^;)

20141005162146672.jpg


もうじき星座の部分を編み終わりそうなんですが、ちょっと考えることがありまして・・・。

日本からは、もう少し南に位置する星座も見えるんですけど、このショールは北極から見た星空なので、当然ですが日本から見える星が一部載っていないんです。

冬の空でいうと、オリオン座あたりまでしかなくて、それより南にある、一等星シリウスを擁するおおいぬ座などは入っていません。


シリウスといえば、全天で最も明るい恒星ですよ。
ギラギラ(キラキラではない)と青く輝くカッコイイ星です。シリウスのない冬の夜空なんて考えられない!

私はどうしてもシリウスを入れたい!のです。


そこで考えました。

ラッキーなことに、「Celestarium」には姉妹パターンがあるんです。南極から見た星空、つまり全天の南半分を描いた、対になるショール、同じデザイナーさんの「Southern Skies」です。




こちらにはおおいぬ座があるので、そのチャートを使えないかなあと思って。

オリオン座など、両方のショールに描かれている星座もあるので(厳密にはそれはおかしいのかもしれないけど)、そのあたりを重なり分として、チャートを切り貼りしてみました。

20141005162203214.jpg


これでシリウスを編み入れられそうです(^^)。

ただ、これだとおおいぬ座全体は入らないんですよね。
上の写真は目数が576目のパートなんですが、星座全体を入れるためには、次の288目のパート(「Southern Skies」では南へ行くほど中心に近く目数が少ないので)を持ってこないと。

できれば星座全体を入れたいけど。
欲を言えば、夏の南の空のさそり座もいれられたらうれしいけど。

288目のパートを横に広げてみる??
さらに円の外側に行くわけだから、本当はもっと目数を増やした方がいいはずですよね。上手くいくかなあ?


うーん、もう少し考えてみます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログ 編み物へ
にほんブログ村

見てくださってありがとうございます
Comment:0  Trackback:0
back-to-top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。